2015年1月30日金曜日

new arrival 2


本日はあいにくの天気の中、ご来店くださいましたお客様ありがとうございました。

手持ち分の入荷商品を紹介します。

また本入荷は2月20日(金)を予定しております。

こちらも楽しみにしていてください。



50年代頃のフランスワークコートです。

画家が好んで着ていた為アトリエコートとも呼ばれています。
他のワークコートと比べデザイン、シルエットが良い1着です。

かなりの枚数のワークコートを見てきましたがその中でも上位に入る形の良さがあります。 

ブラックシャンブレー、ベージュ、カーキベージュの3色が入荷しました。



同じ年代のフランスワークコートと比べると少し細身のシルエットです。

立体的でシャープな袖も◎

着丈はアトリエコートの平均の丈が125cmに対し 
約100cmと短めなので現代の服にも合わせやすい長さです。
ポケットは胸ポケットも含め、すべて玉縁仕様のポケットです。
すっきりとした印象になっています。 
ワークコートではあまり見ない珍しいポケットの仕様です。


サイズ表記0

最小サイズです。 でてこないサイズなのでお探しの方も多いと思います。

カーキベージュはサイズ表記1です。


バックにはベルトが付きます。
程良く体にフィットする良い形です。

 Model 170cm 58kg 
 ありそうでない、サイズ、状態、形の条件を満たしたブラックシャンブレーコート
はいかがでしょうか?

2015年1月28日水曜日

infomation

買付け期間中の為、1/29 (木)はお休みとなります。

 ご不便をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

2015年1月27日火曜日

Buying in France 3




昨日から中部地方は雪と霧で覆われたフランス、
安全運転第一でいろいろと回っています。
やっとwifiの繋がるホテルまでたどり着きました。
明日も早い時間にアポイントがあるので駆け足で紹介していきます!


今回はコンディションやサイズ、デザインにこだわりすぎて
数が集まっていないハンティングジャケットですが、その分選りすぐりの物が集まっています。

こちらはコットンピケ素材のもの。
ポケットの形や位置、襟に入った細かいステッチデザイン、
コンディションからサイズまで非の打ち所が無い一枚です。






フランス軍のミリタリーパンツです。
風合いの良いヘリンボーン織りのリネン素材です。
1913年と1914年のスタンプが付いているので1913年生産で1914年支給といったところでしょうか?

こちらもデッドストックで、すばらしいコンディション。
100年前のパンツがこのような状態で残っているのも物を大切に扱うフランスならではです。
あらためて詳細をご紹介したい逸品です。


インディゴ染めのコットンシャツジャケットです。
小ぶりのオープンカラーにボックス型シルエット、大きな胸ポケットが付きます。
50年代のフランス映画を思わせるようなデザインです。
白いデニムなんかと合わせると、とてもキュートだと思います。


フランスのリネンスモックです。
インディゴのものを目にされた方が多いと思いますが、こちらはエクリュカラーのタイプです。

ギャザーの入り方やディティールが通常のものより複雑になっているので、
1850s~1880s位までのより古いものだと思われます。
細い糸で織られているのでとても肌触りが滑らかです。

他にも良いものが見つかったので時間を見つけて更新します!

2015年1月26日月曜日

new arrival

今日から手持ち分を少しずつ紹介していきます。

french military pants " lizard camo "


デッドストックをワンウォッシュした程度の
とても状態の良いリザードカモパンツです。



コットンヘリンボーン地、M-47パンツの後期と同じ生地です。
サイズ表記はw76、レングスショート。
まず見つからないサイズ、状態だと思います。
 

 




french military chino pants " 21"



フランス軍の50年代のコットンチノパンツです。

乾いた良い風合いのコットン地、前期タイプと呼ばれるものです。
後期になると生地感等が変わります。



こちらも珍しい21サイズ。
このサイズは数年ぶりに見ました。
探している方多いのではないでしょうか?







それではよろしくお願いします。

infomation

フランスは少し雪が降り、寒い毎日です。

ブログを更新したいのですが、wifiの環境が悪く画像のアップロードが思うようにいきません。
もうしばらくお待ちください。

昨日スタッフが一足早く帰国しました。
手持ち分の商品を少しご紹介できると思います。

また本入荷は2月20日(金)を予定しております。
こちらも楽しみにしていてください。

2015年1月22日木曜日

Buying in France 2


フランス買い付け7日目、北部から中部まで下ってきました。
1500kmほど走りました、蚤の市、ディーラーさんなど細かく回っています。
買い付けの成果も上々です。

今日は簡単ですが、数枚ほどご紹介させていただきます。


イタリア軍のアヴィエイタージャケットです。
ヴィンテージのイタリア軍は見つかりにくいのですが、
更に生産数の少ないアヴィエイターモデルです。
ネイビーカラーのポリアルミド素材、画像にはありませんがリアルファーとウール地とインナーが付きます。





30年代に作られたフランス海軍のインディゴリネンパンツです。
この上のジャケットは前回の買い付けでご紹介しましたショールカラーのジャケット。
パンツは今回初めて買い付けできました。
セーラーパンツ独特の形、深い藍色が目を引くお品です。
色残りも良いので穿きこんだときのエイジングを楽しんでいただけると思います。




今期お勧めのアノラックパーカーです。
今回の買い付けで集めているアイテムの1つです。
納得のいくサイズ、素材がなかなか見つからず、
やっと数枚出た中のお気に入りの一着。
コットン素材のブラックカラー、サイドの紐もさり気なくてよいディティールです。



フランスの古いエプロンです。
買い付け前によくリクエストを頂くホワイト系のエプロン。(こちらは生成り色)
ヘリンボーン織りのリネン素材、
写真の様にしっかりと太い糸で織られているのでガシガシ使いたい方にお勧めです。



2015年1月20日火曜日

Buying in France 1




 買い付け5日目になりました。
パリを離れノルマンディーへ、寒さが身に染みるフランスです。

初日からいろいろ周った甲斐もあり、
少しずつよいものが集まっています。



19世紀に作られたフランスの消防士のジャケットです。
2年ぶりに見かけたフロントがダブル仕様のタイプ。
インディゴの色の抜け方や、パイピングテープのヤレ感など、
雰囲気よくエイジングした一枚です。


 ドイツ軍の物と思われるワークジャケットです。
裏にステンシルが入っていたのですが少し読み辛かったので、帰国後に調べてみます。
太幅のヘリンボーン織りになっていて、少し引いて見ても織りの質感が分かる作りになっています。



探されている方も多い、パッチワークと経年変化の美しいブラックモールスキンジャケットです。
胸ポケットの形も少し変わった横長の仕様です。



こちらは古いスカーフ、細かい模様の美しい一枚。
フランスの牛飼い、家畜商たちがインディゴスモックと合わせて着用していたものです。

2015年1月15日木曜日

1950s french military pants " lizard camo "


今日はフランス軍の珍しいリザードカモパンツを紹介します。


インドシナ戦争で採用されたリザードカモ柄。
その後にベトナムで採用されたタイガーストライプ柄の元ネタといわれています。
生産数が少なかったのでしょうか?フランスでも見つかりにくい柄です。





リザードカモのパンツは数種類ありますが、
このパンツは年代の古いタイプ。
コットンヘリンボーン生地にポケットの3連スナップボタンが特徴です。



ポケット部分にもスナップボタンが使われています。


サイドアジャスター付き4cm程ウエストが絞れます。


右膝にパッチワークリペアがあります。

同じリザードカモ柄であまり違和感なくリペアされています。

全体に細かなキズ、リペア等があります。





バックポケットもスナップ使用。
フラップ付きの方ポケット、フランス軍では珍しいです。


スナップボタンの色の剥げや生地に色落ちがあります。





カスタムされたり欠損していることが多いドローコードも残っています。


古いタイプは見つかりにくいのでサイズが合う方にはおすすめの1本です。


Model 170cm 58kg 



1950s french military pants " lizard camo "¥33000


ウエスト 78-74cm 股下 76㎝ 総丈 106cm 裾幅 22cm
メンズSサイズ程度、着用感は36-38を着ている方におすすめです。

TEL 03-5913-9446