2016年4月28日木曜日

1930s cotton linen farmers set up

本日はファーマーのセットアップをご紹介です。


農夫の作業着として使われていたシャツとパンツのセット。
やや厚手のヘリンボーン織りで、ザラッとした風合いとフェイドした色合いはどこか牧歌的です。


1930s cotton linen farmers shirts






通常、裾によく見られる継ぎ跡がこちらでは袖にも見られます。
前の持ち主が着用しやすい様にカスタマイズしたものだと思います。
カフスに寄せられたギャザーと相まって、着てみるとフワッとした優しい落ちかたをします。



脇に入った長めのスリットを生かし、レイヤードを楽しむのも良いですね。



1930s cotton linen easy pants



パンツのウエストはゴムとヒモで縛る仕様の物の2タイプ。


履いてみるとウエストに生地が寄り、トータルでは思いのほか綺麗なシルエットです。
ポケットが無いぶん、履いている最中に荷物の重みでずり落ちる心配もないですね。



パワーがあるので単品での使用がメインになるとは思いますが、
ゆるゆるで着用したい方はセットアップで挑戦してみた下さい。

official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446   

2016年4月27日水曜日

french work coat 'blue & brown'

本日はコートを2枚紹介させて頂きます。

比較的新しい年代の物と古い年代の物。
それぞれに違う良さを持った2枚です。


 1970s blue work coat 'maquignon'




こちらは70年代フランスの馬商が使用していたコート。
ハサミなどを入れる縦長の胸ポケットやスラッシュポケットなど、
よく見ると昔からのディティールを見る事が出来ます。


生地は化繊素材、初期の硬めなナイロンです。
化繊はちょっとナシかな、、、という方も多いと思いますが、
格子柄織りとパッカリングの出方など表情はなかなか良いです。




鮮やかなブルーと広過ぎない身幅が現代服の様です。

コットンなどの天然素材では味わえない、化繊ならではの軽さとパリっとした質感がクセになります。
古い物にはない良さが詰まった1枚です。





1950s brown work coat 'Au molinel'



フランスの老舗ファクトリーメーカー'Au molinel'製のワークコート。

小振りでバランスの取れた襟や少しサイドに寄った胸ポケット、大きいパッチのポケットが良いバランスで配置されています。


古着の茶色は雰囲気が出すぎてしまう物が多いですが、
状態も良く色のトーンもやわらかいので綺麗な印象です。




先程の物とは対照的にワーク感のあるしっかりと目の詰まったコットン生地。
最初は硬く少し着心地が悪いかもしれませんが、自分のシワを付けて馴染ませていく楽しさを感じられる1枚です。


official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446   

2016年4月22日金曜日

new shop 'militaria' open!!

少し前にアナウンスしましたが、
明日23日(土曜日)、新店舗militaria(ミリタリア)がオープンします。





こちらの新しいブログで商品を紹介しているので良かった見てみて下さい。
http://militaria-tokyo.blogspot.jp/

encoreも新たに準備している商品があるので、
そちらも楽しみにしていて下さいね。

2016年4月21日木曜日

african stole 2

本日はアナウンスしていた新しい荷物が届いたので、アフリカのストールをご紹介します。





前回は柄感の強いものが多かったのですが、
今回は無地のものを中心にご紹介させて頂きます。

どれも手つむぎ、手織り、染めもハンドダイと全て手作業なので、
無地でも表情豊かです。





爽やかな色のインディゴ染めストール。
アフリカのボボ族のものです。

ここまで長いフリンジは目を引きますね。
清涼感があるので、真夏でも暑苦しくならずにお使い頂けそうです。
33×165cm


こちらも先程と同じボボ族のもの。
色は濃いめで一見重厚感はありますが、糸が細く肌触りはかなりいいです。

しなやかなのでボリュームを抑えて使いたい方にオススメです。
35×210cm


こちらはホワイトのもの。
先程のものに比べると少し可愛らしいですが、
不均一な太さの糸で織っているので程よく荒い印象です。

ホワイトのシャツやパンツなどで、ワントーンで合わせてみても面白そうです。
35×180cm





こちらはかなり荒い糸で織られたもの。
少し重みもあるので、しっかりと肩に馴染んでくれます。




official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446   



2016年4月19日火曜日

european bandana

ヨーロッパメイドのバンダナがまとまって入荷しました。
50枚ほどあるので、自分のキャラにハマる柄が見つかると思います。
本日はその中から何種類かピックアップしてご紹介します。







まずは小花柄
ベースとなる紺色がかすれた色合い。
コントラストが強くなり過ぎず、取り入りやすいのではないでしょうか?








東洋チックな一面が垣間見える1枚
いろんな捉えかたができるのも、ヴィンテージならではの面白さですね。







こちらはロシア国旗のような色合い
白い部分だけ幅が細いので単調な柄にも深みを感じます。


これからの季節、ワンポイントで取り入れるだけで、コーディネートの幅も広がりそうですね。


official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446  

2016年4月17日日曜日

new shop open

今日は新しいお店をオープンするので、そちらのご紹介です。



お店の名前はmilitaria(ミリタリア)その名の通りミリタリーものを中心に扱うお店です。

オープン日は来週の23日(土曜日)予定です。
こちらの新しいブログで商品も紹介していくので楽しみにしていて下さい!

http://militaria-tokyo.blogspot.jp/

場所はencoreと同じ通りで20メートル程、



militaria.tokyo@gmail.comまでよろしくお願い致します。

2016年4月16日土曜日

old african indigo fabric

今日はアフリカのインディゴストールのご紹介します。
久しぶりに、ヴィンテージものまとめて手仕入れる事ができました。
柄や大きさで数種類ご用意がございます。




ナイジェリア、手つむぎコットンのストール。
インディゴに絞り染めと柄の表情が豊かに出ています。

使いやすいストールサイズです。
SIZE 33×267cm



カメルーン、手つむぎコットンのストール。
少し地の色が茶色がかっています。
柄は大ぶりで迫力があります。

こちらもストールサイズです。
SIZE 39×231cm



こちらはトーゴのストール。
絞り染めではなく織りで柄が作られています。
チェックとストライプのインディゴカラー、色の使い方が絶妙ですね。

こちらもストールサイズです。
SIZE 30×162cm



ここからは大判サイズのもの。
もちろん写真の様に羽織っても良いのですが、
絵画のようなので壁やソファーに掛けてインテリアとしてもお使い頂けます。
SIZE 113×265cm







こちらは少し茶色味がかったタイプの大判サイズ。
絵柄が大きめなので存在感があります。
SIZE 111×234cm




インディゴのストールやファブリックはお探しの方も多いと思うので、
この機会の是非見にいらして下さい。

無地タイプのものが新たに届く荷物に入っているので、
準備が出来次第ご紹介しますね。

official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446