2017年8月22日火曜日

クリームカラーのリネンスカート






レディースアイテムから優しい色味のスカートをご紹介します。
 
 




年中使いやすい余裕ある丈感のスカートが揃いました。






たっぷりのギャザーが魅力的なこちら。
合間に見えるストライプ模様がシンプルながらもコーディネートの主役になってくれそうです。






こちらはフロントボタン、ウエストロープの先に木のボタンやビーズが使われており柔らかい印象。
裾にかけてボリュームが出ているのでスラッとした着こなしに。



ぜひお気に入りの一枚を探してみてください。


 
インスタグラム https://www.instagram.com/encore_boutique/?hl=ja
official home page http://www.boutique-encore.com/ 
E-mail               info@boutique-encore.com

Address 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南3-56-1-110
TEL   03-5913-9446    

2017年8月19日土曜日

19日(土曜日)入荷分その13 インディゴリネンコート&買い付けあとがき


本日8回目のブログ更新です。
今日はこれで最後です。お付き合いして頂きありがとうございます。
明日はいつも通り14時よりオープンです。
皆様のご来店お待ちしております。


最後はフレンチヴィンテージの代表、インディゴリネンのコートをご紹介します。



横並びタイプの胸ポケットが程よい主張をしています。


黒さの残る深いインディゴカラーはコーディネートを程よく引き締めてくれそうです。
また、このコートには厚みのある質の良いリネン生地が使われていて、とても贅沢に感じます。



とても形が良いコートなので、
古着、新品なんて細かいことを気にする必要がなくらいまとまってくれます。
探されていた方もそうでない方にも、ぜひ1度、着用してみてほしいですね。


ここからは買い付けのあとがきです。
おヒマな方だけどうぞ〜

毎回、仕入れの旅に行く際は何かしらのテーマを決めます。
ディーラーさんにアポイントを取り、蚤の市のスケジュールを確認し、新しく行く場所に想いを馳せながら、こんなもの欲しいな〜、あんなアイテムがあったら着たいな〜なんてボンヤリと決まっていくわけです。

今回の買い付けはいろいろあったのですが、仕入れたものはとてもシンプルになりました。
トレンドやスペシャルといったものよりは、自分のすきなもの。
仕入れたものの幅は狭くなりましたが、奥ゆきはだいぶ出たんじゃないかって思います。
着たいものを着たいスタイルでいい塩梅に。

今はヤフオク、メルカリ、e-bay、インスタグラム、なんでもあるし、いいものもすぐに見つかる時代ですからね。
なんとかその先を見たいな、見せたいな。と思い、ここ何年かは四苦八苦しているような状態です。

自分の好きな人や、アーティストさんに影響されている部分もありますが、
いまはここの位置でいろいろとやっていきたいんだろうなって思います。

クタクタになりましたが、良い旅になりました。
姉妹店ミリタリアともども入荷の方も楽しんでいってください!


2017年8月18日金曜日

19日(土曜日)入荷分その12 インクブルーのサックコート

本日7回目のブログ更新です。あと少しでやめておきますね。


ありそうで見たことのなかったコットンツイル素材のサックコートをご紹介です。





Vポケットにナットボタン、コットンのタグが付きます。
サックコートとしては年代は浅めで40年代くらいでしょうか?


ガサッとしたコットンツイル地。
加工では真似できない、奥行きのある色落ちです。


Aラインは結構効いたシルエットです。
腕の振りがそこまで効いていないので、優等生タイプのシルエットです。




さらっと羽織って頂けば、なかなか様になってくれます。

19日(土曜日)入荷分その11 ダブルブレストのカバーオール

本日6回目のブログ更新です。




リクエストが多いものの、なかなか出合う機会の少ないお品。
探されていた方もいるかもしれませんね。
1930年代頃に作られたダブルブレストのフレンチワークカバーオールです。
 


タグはないのですが、ポケットの形状からVULCANというファクトリーだと思われます。
個人的に一押しのメーカーで、ファブリック、パターン、デザイン合わせてバランスがよく取れています。



状態はデットストックと完璧です。
サイズも形もよく、まさにスペシャルにふさわしいお品です。
いかがでしょうか?


19日(土曜日)入荷分その10 リネンサックコート


本日5回目の更新です。




フランスの古いリネンジャケットをご紹介です。







柔らかい生成りのリネン素材。
丸みを帯びた襟やポケットが、優しい印象を際立たせてくれています。






丁寧な手縫いのボタンホールや前身頃とはかわって、ズドーンと直線的な後ろ身頃。
そしてサイドに申し訳ない程度にある、ベンツが二つ。


 第一印象は優しい。
だけど関わってみると真っ直ぐなところがあって力強いパワーが伝わってくる、そんな一枚です。




19日(土曜日)入荷分その9 富裕層のカジュアルコート



本日4回目の更新です。




こちらは右上合わせのマックコート。
どことなくくたびれた表情が良い味わいを出してくれています。








内ポケットからも共有できるサイドポケット。
コートを羽織っていても、中に着用している服のポケットも使えます。
シンプルでスッキリとした見た目とは裏腹に、ちゃっかり嬉しいポイントは押さえてくれています。惚れてしまいますね。






寒くなれば中へつながるポケットのおかげでぬくぬくできます。
秋口から冬まで長く使える優秀なパートナーになってくれそうです。





19日(土曜日)入荷分その8 レディース商品

本日3回目の更新です。
フランスのアンティークレースが主役のレディース商品をご紹介します。



これぞレディースのフレンチヴィンテージ、ホワイトカラーのコットンワンピースです。
ダブルになった襟元から胸元にかけてふわふわと繊細なレースがあしらわれています。


少し上の方で切り替えられたウエストからは、コットンの軽い素材が裾でゆれるなんともロマンティックなワンピースです。






お次は、ネックに沿うようにレースがあしらわれたブラウスです。
繊細な薄いシェルボタンを3つ揃えて止めていただく、チョーカーのような首元。
ふんわりとした空気感のある素材に、後ろ前に差がある裾のデザイン。
甘いだけではない、どこか凛とした雰囲気のブラウスです。




他にも店内には古い時代のフランスらしいレースがあしらわれたブラウスが並んでいます。
ぜひその、すっとした美しさを楽しんでいただけたらと思います。

19日(土曜日)入荷分その7 ブラックリネンのファイアーマンジャケット

本日2回目の更新です。




厚手のヘリンボーンリネン、少し鈍い光沢が残るインパクトのある生地で仕立てられた、
フランスのファイアーマンジャケットです。


色落ちによって濃いモスグリーンにも見える色味がなんとも魅力的な一枚です。
彩度の落ちたゴールドのボタンには薪が燃える絵が描かれており、ジャケットの深い色味にちょうどよい明るさを灯します。



背面でウエスト部分がゆるく絞られたきれいなシルエット。



まずは生地の迫力がきわ立つ一着ですが、着用いただいたときの首元のカッティングや装飾の美しさもぜひ楽しんでただきたいです。